モーター巻線の基本的な知識の巻線の基本的なパラメータ

2019-05-31

1.機械角および電気角
モータ巻線がコアスロットに分配されるとき、それらは対称正弦波交流を出力するかまたは回転磁界を発生させるためにある規則に従って埋め込まれそして接続されなければならない。いくつかの他のパラメータに関連していることに加えて、我々はまたコイルと巻線の間の相対位置の法則を反映するときに電気代の概念を使用する。力学的には、円は360°に均等に分割できることが知られています。これは通常、機械的角度です。電気工学で電磁気学的関係を測定するための角度単位は電気角と呼ばれます。それは毎週横座標上で正弦波交流を360°に分割します、すなわち、導体空間は一対の磁極を通過するとき対応して変化します。 °電気角。したがって、モータにおける電気角と機械角との間の関係は、電気角α=極対数×P×360°である。例えば、2極モータの場合、極対p = 1であり、電気角は機械角に等しい。 4極モータの場合、p = 2であり、モータは1つの円周上に2対の磁極を有し、対応する電気角は2×360°である。 = 720°。等々。

2、ポール距離(τ)
巻線の極ピッチは、コアの円周面からの各極の距離を指す。一般的に言って、それは通常、モータコアの2つの磁極の中心によって占められるスロット距離を指します。ステータコアは、内側環状エアギャップ面のスロット距離によって計算される。回転子は、鉄心の外周空隙面のスロット距離によって計算される。一般に、ポールピッチの表現方法は2つあります。1つは長さで表されます。もう1つはスロット数で表され、これは通常スロット数で表され、一般的な極距離はτ= Z1 / 2pです。

3、ピッチ(y)
モータ巻線の各コイルの2つの構成要素側によって占められるスロットの数は、ピッチとも呼ばれ、スパンとも呼ばれる。コイル要素ピッチが極ピッチ対に等しいとき、それは全距離巻線と呼ばれる、y =τ。コイル部品のピッチが極ピッチより小さいとき、それは短距離巻線と呼ばれます。<τ; and when the coil component pitch is greater than pole pitch, it called long distance. winding y>τ。短距離巻線は、短い端の電磁線材料および高い力率のような多くの利点を有するので、短絡巻線は、より多くの用途を有する二重スタック巻線において使用される。

4、巻線係数
巻線係数は、近距離係数と交流分布巻線の分配係数との積、すなわち、
Kdp1 = Kd1Kp1。

5、スロット角(α)
モータコアの2つの隣接するスロット間の電気角はスロット角と呼ばれ、これは通常aで表される。
α=全電気角/ z 1 = p×360°/ z 1

6、位相ベルト
位相帯とは、各相の巻線の各相が占める面積のことで、通常は電気角またはスロット数で表されます。各対の極の下の三相モーターの巻線が6つの領域に分割されている場合、各極に3つの領域があります。溝角α= 360°P / Zであるので、モータが4極24スロットであれば、1領域あたりの各相の幅はqα = Z / 6P×360P / Z = 60°となり、巻線は以下のようになる。 60°相巻線60°連続相巻線の明らかな利点のために、それらのほとんどは三相モーターで使用されます。

7、位相あたりの位相あたりのスロット数(q)
相当たりの相当たりのスロット数は、各相巻線の各相によって占有されているスロットの数を指す。各相巻線の各相に巻回するコイル数はそれに応じて決定される。どちらですか
q = Z /2μm
Z:コアスロット数。 2P:モータ極数。 mモータ相番号。
qが整数の場合、計算結果は整数スロットワインディングと呼ばれます。 qが分数の場合は、分数スロットワインディングと呼ばれます。

8、スロットあたりの導体数
モータ巻線のスロットあたりの導体数は整数とし、二重巻線のスロットあたりの導体数も偶数とします。巻線型回転子巻線のスロット当たりの導体数はその開回路電圧によって決定され、中型モータ巻線型回転子のスロット当たりの導体数は2に等しくなければならない。ステータ巻線のスロットあたりの導体数は、次の式で計算できます。
NS1 =NΦ1m1a1/ Z1
NS1:固定子巻線のスロット当たりの導体の数。
NΦ1:エアギャップ磁気密度によって計算されたスロット当たりの導体の数。
M1:固定子巻線相数。
A1:固定子巻線の並列分岐数。
Z1:固定子スロット数。

9、フェーズあたりのシリアル数
相あたりの直列導体の数は、モータの各相巻線の直列のバス巻数を表します。ただし、シリアルバスのターン数は各相巻線の並列分岐数に関係します。モータの並列分岐数が一方向である場合、モータのコイルのすべての直列線ターンを加算して位相を形成する必要があります。巻線のバス数。例えば、モータの各相巻線における並列分岐の数、すなわち、モータは2方向接続、3方向接続などであり、このとき、各相における直列接続導体の数は、以下のようにすることができる。一方の巻線に接続されている巻数によってのみ決定されます。疑似。相巻線の各分岐の直列巻数は同じであるため、それらを並列に接続した後に直列線を増やすことは不可能である。

10、コイルの総数
モーターの巻線は、さまざまなサイズと形状のコイルで構成されています。各コイルはコアスロットに埋め込まれた2つの構成要素を有するので、すなわち各コイルは2つのスロットに埋め込まれている。単層巻線では、各スロットには1つのコイル要素側しか埋め込まれていないので、コイルの総数はスロットの総数の半分に等しいにすぎない。二重層巻線では、各スロットの上層と下層に2つのコイルエレメントが埋め込まれているため、その合計コイル数はコアスロットの数と等しくなります。