モーターの機械的なトラブルシューティングDaquan! (1)

2019-07-17
image

1.機械的な不具合を修復する前に、モーターに対してどのようなテストを実施する必要がありますか。

故障の原因とおおよその故障範囲を確認するために、モータの機械的故障が修復される前に、モータの外側で以下のチェックを行う必要があります。

モーター機械外観検査

1.機械ベースとエンドカバーに亀裂がないか、またシャフトに亀裂や曲げ変形がないか確認します。

2.ローターの回転が柔軟で安定しているかどうか、軸が泳いでいるかどうか、および異音がないかどうかを確認します。

3.ベアリングが緩んでいないか固着していないか確認します。

4.ファンブレードとヒートシンクが損傷していないかどうか、エアダクトに詰まりがないか確認します。

5.大容量モータの場合、エアギャップは一般にエンドカバーで測定されます。エアギャップを測定することにより、エアギャップの不均一性の平均値を15%以内に検出することができる。

6.電源を入れ、モーターが手、耳、鼻、目で正常かどうか確認します。異常が見つかった場合は、故障が拡大しないように直ちに電源を遮断する必要があります。

7.検査によって故障の性質が明らかになり、検査の範囲が明確になったら、モーターを解体してさらに詳細な検査と修理を行うことができます。

モーターの機械部品については、次の点を確認してください。

1.ローターコアの表面に傷がないことを確認します。

2.ローターの表面に傷が1つしかなく、ステーターの表面が完全に傷ついている場合、それはシャフトの曲がりまたはローターの不均衡が原因です。ステータの表面にたった1つの傷があり、毎週ロータの表面に傷が付いている場合、それは、シートやエンドカバーの変形など、ステータとロータの間の違いによって引き起こされます。またはベアリングの磨耗が激しく、ローターが沈む原因となります。回転子表面と回転子表面に大きな傷がある場合、それは上記2つの理由による。の。

3.ローターコアが揃っているかどうかを確認します。

4.整列していないとコアを短くするのと同じことになり、磁束密度が上がり、鉄心が過熱します。その理由は、ローターコアが軸方向に固定されているか、または新しいローターが交換されたためです。また、回転子鉄心が円周方向に動くかどうかを確認する必要があります。移動現象がある場合は、固定子を緩めるネジが緩んでいるか損傷しているか、回転子コアがシャフトときつく合っていません。

5.ローターエンドリングに亀裂や破損がないか、ブレードが損傷または変形していないか、シャフトが曲がっていないかどうかを確認します。

6.ベアリングのインナーケーシングとジャーナルおよびベアリングチャンバーが要件を満たしているかどうかを確認します。締めすぎや緩みはありますか?ベアリングの摩耗レベル、ベアリングが損傷していないか、潤滑油(脂肪)が少なすぎるか、または乾いていないかを確認します。

第二に、どのようにモーターを分解する?

モーターを修理するとき、モーターを分解することがしばしば必要です。不適切に取り外すと、モーターを損傷することがあります。したがって、モータの保守要員は、モータを正しく分解して組み立てるための技術を習得する必要があります。

モーターを分解するときは、次の手順に従ってください。

1.すべての外部配線を取り外し、各線の端、特に極性の端(DCモーター)に印を付けます。

2.プーリーまたはカップリングを取り外し、カップリングとシャフトの間の距離を記録します。

3.整流子側のエンドキャップとベアリングキャップのネジを外し、エンドキャップを開きます。

4.整流子のサイドカバーの換気窓を開き、ブラシをブラシホルダーから取り出し、ブラシバーへの接続を外して印を付けます。

5.整流子側のエンドカバーを取り外す前に、エンドカバーとベースの接合部に印を付け、次に木の板にパッドをし、エンドカバーの端をハンマーで均等に叩いてエンドカバーをベースからゆっくりと止めます。 。そして外輪を支えます。ブラシホルダーの位置をマークして、ブラシホルダーを取り外します。

6.整流子を清潔に保ち、ぶつからないように、整流子を厚い紙または布で包みます。

7.シャフトの延長側のエンドキャップネジを外し、アーマチュアをエンドキャップと一緒にステータコアから引き抜きます。運転中は電機子巻線を傷つけないように注意してください。

8.ベアリングを交換するには、シャフト延長側のベアリングネジを外し、ベアリングの外側カバー、エンドカバー、ベアリングを外します。

9.取り外した部品はすべて、紛失を防ぎ、組み立てを容易にするために、分解した順序で保管してください。

10.モーターを組み立てるときは、分解するときと逆の操作手順で、マークに従って部品と配線を再設定してください。