ハブモーターの用途は何ですか?

2019-08-17

ハブモーターの使用に関しては、ハブモーターのアプリケーションとその動作原理から始める必要があります。ハブモーターは、ハブとドライブユニットを直接組み合わせたモーターです。実際、それはモーター、トランスミッション、システムです。移動装置は、一般にハブモーターとして知られているハブに統合されており、車のハブモーターの用途に応じて、主に2つのタイプに分けられます。一般に、電気自動車で使用されるハブモーターは、サーボモーターではなく、永久磁石DCモーターです。

いわゆる永久磁石モーターとは、モーターコイルが永久磁石によって励磁され、コイル励磁を使用しないことを意味します。これにより、励磁コイルの動作中に消費される電気エネルギーが節約され、モーターの電気機械変換効率が向上します。これにより、走行電流を削減し、車両の限られたエネルギーを使用して電気自動車の走行距離を延ばすことができます。モーターアセンブリの機械的構造によると、一般に「歯付き」(モーターの高速、ギアダウンが必要)と「歯なし」(モーターのトルク出力は減速しない)の2つのカテゴリに分類されます。

ハブモーターを使用すると、車両の構造上の構造がより簡単になります。シンプルな構造に加えて、ハブモーターによって駆動される車両はより良いスペース利用率を得ることができ、レイアウトはより柔軟で、複雑な機械式トランスミッションシステムを必要としませんが、トランスミッション効率もはるかに高くなります。

真の直接駆動を実現することで、車両は車両の最高のエネルギー利用率をより良く達成でき、車両のトルクとトルクの最高の効果も発揮できます。これは車両での限られたエネルギーの使用です。電気自動車の場合、走行電流を減らし、走行距離を延ばすことができます。